FC2ブログ

SMILE HOSPITAL

茨城県笠間市にある 茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター のブログです。 病院で働くスタッフの様子や地域の情報、研修のお知らせなどを 不定期で配信します。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 看護局
CATEGORY ≫ 看護局
       次ページ ≫

手術看護認定看護師

こんにちは!
今回は、『手術看護認定看護師』 の活動について紹介させていただきます。


2018年は、春休みと夏休みに、看護体験in茨城県立中央病院を開催し、高校生の皆さまにご参加いただきました。

手術部の看護体験は、TVドラマにちなんで「ドクターX体験」を実施しました。
普段、手術部の看護師がどのような事を行っているのかを知る機会は、なかなかないと思います。
TVドラマでは、医師が「メス!」と言って、看護師がメスを渡すシーンを思い出す方が多いのではないかなと思います。

看護体験では、実際に手術を行う時に着ているガウンや手袋などを身につけ、手術で使用する器械を手にしていただきました。
また、看護師役と患者役になって、手術の雰囲気を味わっていただきました。
今後もこのような看護体験を通して、手術部看護師の役割をお伝えしていきたいです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

OR1.jpg
    
    「手術室へようこそ!」

OR2.jpg

   患者役と看護師役を体験中。
    ドキドキ、わくわく!!
✧*。(◍˃̵ᗜ˂̵◍)ॱ◌̥*⃝̣ ⋆

OR3.jpg 
   ガウンと手袋を装着していざ手術へ ! ҉~(・▽・҉) fight  (҉・▽・)~҉

OR9図1

たくさんの手術用器械を手に「これってどうやって使うのかな?」

OR6.jpg 

看護体験担当のスタッフとパチリ( ・◡・ )♫•*¨*•.¸¸♪

みなさん、お待ちしておりま〜す♪

そしてもう1つ。

2016年より、茨城県内に在籍する手術看護認定看護師による、茨城県手術看護勉強会を年2回開催しております。
 先月2日には、第6回茨城県手術看護勉強会を開催いたしました。

茨城県内の手術部看護師にとどまらず、他県からの参加もありました。
職場は違っても、手術部で頑張っている仲間たちと共に学び知識を深める場は「手術室あるある」な話も飛び出し、盛り上がります。

参加してくださる皆様とは、手術を受ける患者様が、
安心して手術に臨めるよう日々奮闘していることを共有することができ、私自身の励みにもなっています。

これからも手術看護の質の向上に繋げられる勉強会を開催していきたいです(*^^*)

OR7.jpg

6回茨城県手術看護勉強会

 テーマ「現場で役立つシミュレーション教育手法」

講師 松本尚浩先生をお迎えして講義をして頂きました。

OR8.jpg 

   グループワークの様子


スポンサーサイト

当院のベビー服紹介です!

IMG_2106.jpg

皆様、こんにちは。
茨城県立中央病院の産科病棟です。桜の花も満開となり、すっかり春の季節となりました!皆様、いかがお過ごしでしょうか? 今回は当院の産科病棟で使用しているベビー服の紹介です。写真にある、黄色の服は小さく生まれた赤ちゃん用の服で、可愛らしい羊の絵がプリントされています。次に、ブルーは男の子用、ピンクが女の子用です。こちらにはクマの絵がプリントされています。入院中、赤ちゃんにはこのベビー服を着て頂いています。 以上、当院のベビー服の紹介でした(*^_^*)

沐浴の様子です(#^^#)

緩和ケア認定看護師

こんにちは。
今回は外来での『緩和ケア認定看護師』の活動についてご紹介します。
当院には緩和ケア認定看護師が3名おります。

私は、現在、外科外来を中心に活動をしています。
主に消化器外科・乳腺外科・呼吸器外科の患者様とご家族様に対し、
身体のつらさや気持ちのつらさが和らぎ、自宅で安心して過ごせるように、
医療相談支援室や他部署スタッフと協力し合いながら対応しています。

緩和ケアまえだ





また、悪性疾患だけではなく、慢性疾患や良性疾患の患者様への支援も行っています。

病気の事だけではなく、普段の生活の中での困りごとや疑問点などがありましたら、どうぞ
お気軽にご相談ください。

平成30年度第2回看護研究委員会主催、予演会が行われました( ..)φメモメモ

皆様、2019年も看護局ブログをよろしくお願いします。
1月16日水曜日、中央病院ガンセンター会議室で、第2回看護研究委員会主催、予演会が行われました。
今回は1月27日に水戸で行われる第28回茨城がん学会の一般演題発表される4名が予演会で発表しました。
4演題ともに中央病院の看護師の誇るべき内容ですが、更に、どうしたら学会で
効果的なプレゼンテーションが出来るか、意見・助言が交わされました。
博士号を取得している看護師、様々な場で講演を行っている診療看護師、シンポジストとして活躍している看護局長等と様々な応援者のいる所が、中央病院の看護局の教育サポートの熱さです!
演題発表の皆さん、本発表に向けて応援しています!
予演会1修正
予演会2